名古屋の医療クリニックでひげ脱毛をすることを検討しています

濃いひげがコンプレックス

父親が毛深い体質なので、自分も父親と同じように毛が濃くなるかもしれないと漠然と考えていました。
実際に思春期に差し掛かったことから、腕や足、胸毛などが濃くなってきたので、嫌だと感じていました。
男性向けのファッション誌に女性は体毛が濃いのはあまり好まないと書かれていたので、女性からモテたいと思っていた自分はショックを受けました。
そのため少しでも体毛を薄くするために、ガムテープを使ってムダ毛を抜いてみたりカミソリで剃ることもしていました。
ただ体毛は洋服を着ていたらそれほど目立つことはないのでいいのですが、顔に生えてくるひげが濃いことには困ってしまいました。
大学生になるとさらに濃くなってしまったので、毎朝剃っていても夕方になると顎まわりがうっすらと青みがかってしまうくらいです。
毛深い男は持てないという思い込みが頭の中で凝り固まってしまったので、女性と話すときにもひげを見られているのではないかというコンプレックスを感じるようになりました。
さらに社会人になると営業部に配属されることになったので、多くの顧客と話しをしたり、新しい取引先を見つけるために外回りをすることになりました。
馴染みのある顧客とは楽しく話すことができますが、新規開拓する取引先に対しては初対面の印象が大事になるので、上司からも身なりを清潔にしなさいと何度も言われました。
特にひげに関しては顔の中でも目立つ部分なので、綺麗に剃ったほうがいいと指摘されました。
さいきんは若い男性の中には、ひげを生やしてお洒落な雰囲気を楽しんでいる人もいますが、私が勤めている会社は保守的な考えの人が多く、取引先も比較的年齢層が高めの人が多いので、お洒落に生やすよりも綺麗に剃ったほうがいいと考えました。

濃いひげがコンプレックス処理も大変なので脱毛を決意